• ホーム
  • 病院に行くのは恥ずかしい場合は早漏治療薬を個人輸入

病院に行くのは恥ずかしい場合は早漏治療薬を個人輸入

悩んでいる男性

医師に相談するとしても、性に関する悩みを相談するのはとても勇気がいるものです。
男性しかいないクリニックも最近では増えていますが、受付が女性であることも多く、また綺麗な人も多いですので、なかなか踏み込むことができません。
また地方になれば、早漏改善に期待をもてる成分であるダポキセチンが配合されたプリリジーなどの医薬品を処方してくれる病院も少ないことで、早漏を改善できる環境を求めるというのは難しいケースもあります。
そんな時に頼りたいのが個人輸入です。
特に、早漏であることや薬の購入を誰にも知られたくない方は海外の早漏防止薬を購入しましょう。
恥ずかしい気持ちや近隣にそのようなクリニックがない場合でも入手することができます。
またもうひとつ特別なメリットを持っているのも個人輸入代行業者です。
クリニックは保険診療外になっていることで高い医療費が掛かりますが、個人輸入であれば特別安い価格で購入することができます。
手軽に入手でき、しかもお財布に優しい方法で早漏改善薬を購入することができる方法です。
早漏治療薬には様々な種類がありますが、中でもキシロカインゼリーは局部に塗るタイプの薬になっています。
キシロカインゼリーの成分であるリドカインを塗ることで性器を麻痺させる効果があり、それによって早漏を改善させます。
また、キシロカインゼリーは他の早漏対策の外用薬と比べて安価なのが特徴です。
ただしいくつか注意点があり、それを理解したうえで利用することが大切です。
取り扱っているのが医薬品であることを理解しましょう。
ダポキセチン配合の早漏改善薬は副作用が少ないことで知られていますが、持病がある人にはリスクがある医薬品です。
念のために主治医と服用を検討することをおすすめします。
仮に副作用が出てしまうようなことがあれば、日本には救済制度があり、それを用いて保証を受けることができますが、個人輸入の場合は適用されないことがほとんどです。
すべて自己責任のもとで行う改善策になります。
これらの注意点を踏まえた人にこそ、適している早漏改善薬といったことになるでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧